妊婦に青汁は良いの?

妊婦さんが青汁は飲んでも大丈夫か心配される方もいるでしょう。
青汁は、妊婦の体に摂取が必要な葉酸が豊富に含まれています。
また、妊娠すると便秘をしやすいのですが青汁は便秘解消効果もあるのでお勧めです。
しかし、青汁の商品によっては、添加物が無駄に多く含まれていたり、
お茶などのカフェンが含まれる商品もあります。
ですから、市販の青汁を購入する際は、原材料名をよく確認しましょう。
また、無農薬、減農薬の野菜を使った青汁や残留農薬検査をしているような青汁ならさらに安心できますね。
青汁に多く含まれる葉酸は、妊娠すると産婦人科などで積極的に摂取するように勧められます。
葉酸には、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減する効果があります。
できれば、妊娠前から妊娠初期にも葉酸を多く摂取するように心がけたいものです。
葉酸は、熱に弱いので青汁を熱いお湯や牛乳で割ると栄養が損なわれてしまいます。
妊娠前からおよそ妊娠5ヶ月位に葉酸を多く摂取することが勧められています。
葉酸を多く摂取するように指導されるようになったのはここ何年か前からなので、
規則正しい食生活を心がけていれば問題ありません。
妊娠中は、バランス良く健康に良いものを摂らなくてはいけないのは分かっていても、
つわりや味覚の変化で食べられない場合もあります。
栄養補助として青汁を飲むのはいいことだと思います。
しかし、青汁だけになったり1日何杯も飲んだりと極端にならないように気をつけましょう。

ページトップへ